メイン画像

スキルアップを考える

イメージ 現在は数多くの資格が存在しますが転職活動に役立つように、資格取得をする人もいるかもしれません。
資格の取得によって様々なメリットやプラスとなる事があるからです。
転職において、確かにスキルを上げる事は、確かにプラスとして働く場合もありますが、ただスキルアップをすれば採用という訳ではありません。
スキルアップに精を出す前に、まず、転職を希望する理由を思い出すことが重要です。

最終的な目標をきちんと設定して、転職市場における自分の市場価値を確認して、自分に足りないスキル、今の自分にあると良いと思われるスキルを冷静に見極めましょう。スキルアップの為に資格の取得を目指している人たちに、割と多いのが、資格の勉強が目的になってしまっている人です。
取得をする事で、自分の経験のなさや転職活動に対する不安をなくす事は可能かもしれません。だからといって、どんなに自信がついても、会社があなたを採用する直接のきっかけにはなりません。

資格の勉強には、長い時間やお金がかかります。安心する為や、なんとなく資格を持っていると雰囲気が良いから、という気持ちで資格取得を考えるならば、その時間を履歴書作成や面接の応対の研究に当てた方が賢明でしょう。
未経験や経験年数の少ない人が、希望の仕事につく為に資格の取得をする事がありますが、こういう時一番良い方法は希望の職種から未経験でも応募できる会社をさがすか、見つからなければ、希望する仕事と関係する仕事で未経験者募集を見つける事です。
会社側が採用を決めるきっかけになるのは、資格よりも実務の経験です。

完全に希望の職種と一致していなくても、関わりのある仕事に従事することは、後々役に立つ事が多いです。将来転職をする可能性があれば、それまでの間に、関連する仕事に就きながら資格取得をすれば効率が良いです。
また、働き始めは違う仕事での採用だとしても、頑張り次第では、希望のポジションに変えてもらう事もできるかもしれません。